つかう

施設案内

内幸町ホールは定員188名(客席数183席、親子ルーム5名)の、使いやすさを追求した、多目的な劇場です。
舞台はプロセニアム(額縁)形式で、本格的な劇場としての性能を持つホールです。
区内の他の文化施設と役割分担をすることによって、文化活動を刺激する施設となることをめざしています。
都心の中心に位置する好立地に恵まれたこの施設は本格的なホール空間を気軽に利用できることが大きな特徴です。
区民をはじめ、多くの皆様がその特徴をさらに大きく育ててくださることを願っています。

舞台空間

舞台空間は幅9.0m、高さ5.0メートルのプロセニアム形式で、13本の吊り物バトン、幕類などの設備を備え、小演劇・コンサート・邦楽・寄席・舞踊・講演会などから、
株主総会まで、多様な分野に応えられます。

客席空間

客席が地下に位置することから、そのモチーフとして赤砂岩を壁面に用い、はるか昔の石づくりの劇場をイメージしています。
日本の伝統的な劇場の要素である桟敷席から発想した空間を客席両サイドに設け、舞台が白熱するとともに客席の雰囲気も高まるようにつくられています。
客席の上部には現代的要素として鉄骨トラスによる舞台効果を高めるための作業ギャラリーとパンチングの後壁を配し、今日の多様な演劇空間を表現しています。

ホワイエ空間

交流や歓談の場としての機能を持つエントランスホールとホワイエ空間を持っています。
多目的なカウンターは催し物の内容に合わせて幅広い使い方が可能です。
エントランスホールは地下空間の別世界に観客を導入する演出空間として、現代演劇の重要な要素である照明によって空間の演出ができるようになっています。

ホール客席

定員 188名(固定134席、移動49席、親子室5名)
※車椅子は移動席部分に最大9席設定可能
残響時間 0.8秒(500Hz満席時)

ホール舞台

寸法 プロセニアム 開口9.0m、高さ5.0m
舞台 奥行6.1m(舞台鼻からホリゾント幕まで)

控室

楽屋(2室) 楽屋1(22.3m2)、楽屋2(18.7m2)
ミーティング室(1室) 1室(14.7m2)、楽屋への転用可能

その他

調整室 1室(56.0m2) 調光室、音響調整室、フォロースポット投光室、映写室を兼ねる
ホワイエ シンク付多目的カウンター ポスター等展示用ピクチャーレール設備(196.0m2)

ご利用案内

「ご利用案内」「座席表」等のダウンロードはこちら

ホールの空き状況

当ホールの空き状況は、
イベントカレンダー、または不定期に更新している予約状況のお知らせをご確認下さい。

ご予約やお問い合わせについては、
お電話もしくはお問い合わせフォームにて承っております。

※予約状況は最新でない場合があります。そのため予約可能と表示されていても、お問い合わせいただいた時点で、既に予約されている場合があります。予めご了承下さい。
※仮予約中と表示されている場合は、お手数ですがお問い合わせ下さい。

adultcomics.me shemalevids.org incestgames.net
PAGETOP